先日、シロアリ被害が出ているので調査して補修してほしいとご依頼を受けました。

現段階で補修はしていませんが、調査の経過を報告させていただきます。

どこに被害が出てるの?

床の見切り部分です。玄関の上り框と呼ばれる部分と畳床の見切り及び床下の根太掛けに被害が出ています。

調査の方法

弊社の指定業者に依頼して訪問調査をしていただきます。

床下に潜ることができれば一番よいのですが、今回は潜ることができないので畳の下のみ調査しています。調査できない部分は被害状況を想定し、工事の際に処置をするようにします。床下以外に天井裏を調べることができればおおよその被害状況を掴むことができます。

調査の状況

玄関框の確認
床下の確認
蟻道の確認

シロアリ被害を受けやすい樹種

経験上、松や栂は油分が少ないため食べられやすいです。

逆に、桧は油分が多いため食べられにくいです。

※構造材に使われる材料は芯材のため硬く食べられにくく、逆に造作材に使われる辺材は柔らかく食べられやすいです。

補修の方法

被害状況を確かめながらの対応にはなりますが、範囲を限定して施工する場合は補修するごとに状況を確かめる必要があり、住みながらの対応となるため日程や費用の相談をしながら進めていかなければならない点がとても難しいです。

まとめ

シロアリ被害は床下での発生が多く、目に見えない分なのでお住まいの方はとても不安になります。まず構造上の支障がないことを確認したうえでご安心していただくことが始まりですので、調査に関しては早急の対応をさせていただいておりますので是非、お気軽にご相談くださいませ。