室内と屋外の気温差の大きい夏季や冬季の期間は結露が問題となります。

どのような場所に発生しやすいの?

特に押入は布団や衣類が多く湿気が溜まりやすいため結露が発生しやすいです。結露が起こると次第に壁材に傷みが出ます。傷みがでると穴が開いたりしますので貼替などの工事が必要となります。

どういった補修方法がよいの?

今回は、ベニヤ貼りだったところにインシュレーションボードを重ね貼りする形で対処いたしました。

インシュレーションボードは、断熱性、吸放湿性、吸音性に優れており、軽くて、寸法安定性も良く、加工・施工が容易です。

今回は大建工業の押入ボードを使用しました

DAIKENの調湿建材|製品情報|DAIKEN-大建工業

施工前と施工後の状況写真

施工前
工事中
施工後

お困りごとはお気軽にお問い合わせください。