今回はお風呂のリフォーム工事で注意することをお知らせします。

実はお風呂には種類があります。

在来風呂:コンクリート製で表面にはタイルが貼ってあります(現場で職人さんが手作業したもの)

ユニットバス:工場で製作したパネルを現場で組立したもの

それぞれの特徴は?

〇メリット

在来風呂:設計の自由度が高くデザイン性が高い。高級ホテルにあるイメージ。

ユニットバス:コストが抑えられるのと防水性・断熱性が高い。建物の中にもう一つ建物を作るイメージ。

〇デメリット

在来風呂:コストが高くなる。底冷えするので冷たく感じる(外断熱であれば該当しない)

ユニットバス:規格化されているためサイズが限られる。在来風呂より小さくなる。

どうする場合が多い?

ほとんどの場合、リフォーム時はユニットバスになります。

コスト面、工期、性能のバランスがよいためです。

工期はどのくらい?

在来風呂からユニットバスにする場合は10日前後です。

ユニットバスからユニットバスの場合は3日前後です。

特に注意すること

ユニットバスの外寸法がタイル内法で入るか入らないか?

ガス給湯器の大きさや種類(追い炊きがあるかないか?)

床下に空間があるか?

換気扇があるかないか?

天日がある場合はそちらの配管確認。

まとめ

条件により選べるものや金額も大きく変わるので専門業者(リフォーム店・住設ショップ)に確認することをおすすめします。