先日、天白区で自動ドアの交換をさせていただきました。
現状のサッシが強風時に動きが悪くなってしまい交換することとなりました。

自動ドアはフロントサッシと呼ばれる製作サッシになるので時間は掛かりましたが、改修することで動作の問題を解消することができました。

発注の流れ

フロントサッシ屋さんと現状の問題点と要望をお聞きします。

    ↓

お見積りを提出します。

    ↓

製作図の作成をします。

    ↓

製作図の承認をします

    ↓ここから1カ月ほどかかります。

工事日の決定

工事の流れ

養生をします。弊社は間仕切りカーテンを多用しています。

リフォームカーテン (1セット) | 現場備品,リフォームカーテンの事ならおまかせ!エムエフオンライン (mfonline.jp)

    ↓

既設サッシの取り外しをします。

    ↓

土間レールの撤去とタイルメクリをします。(新しいサッシを溶接するため)

    ↓

新しいサッシを取付します。その際は、敷居レールは溶接します。

    ↓

取付後は土間補修を行います。今回はモルタルを付け送りし翌日に仕上げを行いました。

    ↓

自動ドア装置の取付を行います。

    ↓

調整し工事完了

解体の際に注意すること

お店の場合は粉じんなどの対策が必要になります。特に室内に面する場所での作業では必要です。弊社では粉じん用の集塵機を使用し対策を行っております。そうすることで清掃が簡単になり、さらには職人さんの作業性もアップします。

マキタ 411P 集じん機(粉じん用) 【送料無料】 (bildy.jp)

まとめ

自動ドアの交換は特殊な工事で対応しにくいところもありますが現場監督が運営している弊社では、こういった工事は得意です。

困りごとがございましたらお問合せくださいませ。